トランヴェール

7月のライブで発表予定の大組曲「トランヴェール」の構想を練りに、どこか海で作ろうと、それなら俺の実家の沼津の海ではと思ってたんですが、どうせならもっと田舎の海がいい。

そこには、コンビニなどなく、秘境ムードがあり、海の色がエメラルドのように青く、砂は白い。
そんなとこ見つけました、新聞の広告で。

広告見て予約した民宿「掛塚屋」
http://www.mjnet.ne.jp/kaketsukaya/kannai.htm

西伊豆の松崎から車で30分程、国道136を脇道にそれて、民家の間の狭い道を下って行くと海にぶつかります。そこが「岩地海岸」。

岩地海岸沿いに「掛塚屋」はあります。

さっそく、4/19〜20、YUKI姉と行く事にきめました。もちろんギター、ブルースハープ持って。

14:00、宿に到着。

早速、YUKI姉と浜辺に出て練習。
波音をバックに、レパートリーの曲ひと通りやりました。

満ち潮で浜辺が狭くなってきたので、大組曲「トランヴェール」の構想は部屋で練る事にしました。

んで、温泉入って、晩飯!
当然のように魚介類中心に、これでもか!ってくらいの御馳走。
窓から、海を眺めながら、波音を聞きながらの晩ご飯は、とても素敵でした。

結局、大組曲「トランヴェール」の構想は骨組みだけ作り、完成にはいたらず、眠くなって、10時に寝てしまいました。

翌朝は5時に目覚め、24時間入浴可能の温泉に入り、浜辺を散歩。
凪いでる朝の海は美しすぎ。

結局「トランヴェール」は完成しませんでしたが、作品のイメージは美しい渚の風景と共に、心の中に刻み込まれました。

「岩地海岸」とても素敵な所でした。
夏は泳ぎに来たいです。(INA)

e0133395_1411091.jpge0133395_1411291.jpg
by u-and-i | 2008-04-21 14:14 | 音楽
<< ライブ観戦デー 焼肉 >>